ABS警告灯がたまに点灯するようになりました。
原因は色々あるようです。発電機(オルタネーター)不良、ABSコントロールユニット不良、
オーバーボルテージリレー不良、ABS本体内のリレー不良等々・・・
ただし、単にABSセンサーの汚れ・不良による誤作動の場合が多いようです。
センサーに鉄粉等が付着してセンサーとしての機能が低下。
簡単な作業ですので、お掃除してみましょう。
ABSセンサーはフロント左右1ヶ所づつ。

リアはデフに1ヶ所(外してみましたがデフオイルがほんのちょっぴり流出、オイルに浸かっているようで、綺麗な物でした)

画像はフロント左側です。
タイヤを外さなくても取り外せますが・・・・
6角レンチで2つネジを外すだけ。
硬くて外せない時は、鉄パイプを利用すると小さな力で外せます。
鉄粉がいっぱい付いてるのがわかりますか?
テッシュペーパーで拭いてみました。

必ず左右のセンサーを掃除してください。
左右のホイールの回転差でABSが作動するらしいので・・・・・・・・
私の場合、掃除した当初は警告灯が点かなくなったんですが、だんだんと再発する感覚が短くなり、センサーを交換しました。

交換は左右コネクターに差し込むだけです。

左側の画像
右側の画像
2つありますがどっちだったかな?
もう1つはブレーキパット残量警告灯のコネクターです。



ABSセンサー(SENDER UNIT)
フロント左 124 540 16 17  84.10$
フロント右 124 540 17 17  84.10$
アメリカより

作業日 2001年2月2日
  171,681Km

文字広告配信       
無料HP100MBレンタル 
無料掲示板レンタル    
無料チャ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー