2011年4月29日(金)
走行  332,707Km

今日現在エアコンはよく効いていますが・・・

2年前にガスを追加する状態になった。
1.エキスパンションバルブ裏側から少量の漏れの可能性

2.低圧側のバルブの虫の戻りが悪い。
3.高圧側の指針が低すぎる?

あたりを解決したいと思います。
ご近所の業務用エアコン屋さんでガスを抜いてもらいます。

そしてTonny師匠の所で作業します。

エキスパンションバルブを外します。
ネジを外して引っこ抜きます。
何故か黒いOリングが使用されています??

師匠の話ですとR12用???
新品の134a用を取り付けます。
右側4つが新しいもの。
取り付けました。
エキスパンションバルブの確認
って言っても写真を撮っただけです・・・・
装着完了
作業1つめは完了しました。
低圧側の虫はバルブを外さないと交換できない作りです。
バルブもこの際新品交換
バルブ自体に少し黄色がかったプラスチック部品がついています。
高圧側も虫、バルブ交換
真空引きするコンプレッサー
オイルを補充
ここからはTonny師匠にほとんどお任せ
30分くらい真空引き作業。
その後30分くらいおいて確認

ガス4缶(200g×4缶=800g)
オイル1缶(50CC)注入

リキッドタンクの覗き窓   透明です。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー