別に不都合はなかったんですが、ドアキャッチャー(正式名:LOCKING EYE)を交換してみました。
名前がカッコいいですね、ロッキング・アイ

ドアのカチャンと閉まる車体側の部品です。
私のW124の場合、部品番号が201 720 00 04→ 124 720 00 04→ 140 720 02 04と頻繁に変更されてます。
番号の最初の3桁を見ると、201は190Eですし、140はSクラス。
ほとんど同じ部品が使われているようです。

交換後の印象は、閉まる瞬間のドスンがより低音に・・・ドォスゥンって感じ(^_^)

作業日2003年3月18日
202,520Km
で、208 720 01 04をつけて見ます。
4ドア、同じ部品ですので4個必要です。
フロント左側、5ミリの六角レンチ2つ外すだけ。
新品。


取り付け位置は上下左右遊びがあります。

黄色い所に、▽印が刻印されていますが、印が中心という訳ではありません。

上下左右は色々変えて微調整しなければなりません。

しっかり調整して取り付けないと、ドアとドアに段差が生じてしまいます。
これはリア左側の画像。
新旧対比。

左の上下が今まで付いてた旧

右側が新。

旧はプレートも使用しています、新は必要なし。

新は土台の面積が大きく長さも長いです。
穴も新の方が若干広いです。
外した古いロッキング アイ
1つ分解してみました。
はめ込んであるだけです。
黒いのはゴム

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー