2002年、4〜5月頃、メーターの針を再塗装してみました。
用意する物は、缶スプレー、細筆、マスキングテープ、新聞紙。
塗装する前の画像を撮り忘れました。
右の画像は1999年2月の頃の画像です。
そんなに色落ちはしてませんが・・・
速度計は画像のように真ん中の黒いカバーが外れますが、その他の針は一体になっています。

黄色い丸の中に0kmの印が付いています。針を取り付けるときはこの位置に合わせます。
オイル計は指で上にあげて3の位置
エコノメーターは指で1番右端へ
燃料・温度計は外す前に位置を確認。
タコメーターは5の表示の下の線(0の位置)。

針を外すとき慎重に行わないと軸まで一緒に抜けてしまうことがあります。軸まで抜けたら再起不能になってしまいます。
気をつけてください。
マスキングテープを・・・・・・(再現画像なので既に塗装済み)
綺麗になります。マスキングテープとの境が少し塗装できない所がありますので、新聞紙に向けて缶スプレーを発射。
細筆につけて塗ります。
綺麗になるととても気持ちがいいですね。
針を抜いて塗装するのは、元に戻すのが面倒ですし、危険を伴います。

部屋の飾りのメーターを利用して簡単な方法を紹介します。
教材にはもってこいの素晴らしく色落ちしたメーター針です。

左のメーター針のみ塗装してみますね。

新聞紙でパネル側をマスキング。(写真を撮り忘れました)

もうスプレーしちゃいました。
新聞紙を取り除いて行きましょう。

左のタコメーター・時計の針との色の違いが歴然です。
青い矢印の所は、細筆でお化粧します。

文字広告配信       
無料HP100MBレンタル 
無料掲示板レンタル    
無料チャットレンタル    
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー