1996年2月10日
走行  91,000Km

遮熱材(フードインシュレーター)
ボンネット裏の遮熱材

〜89年式までは面積の小さなものが使用されてました。雨の日なんかはボンネットから蒸気が上がって、知らない人が見るとまるでオーバーヒートしてるみたい。
90年式以降は全面を覆う部品に変わっています。さっそく購入。

部品番号 124 682 07 26
INSULATION

国内で\10,000-位
ホームセンターにて\1,000-位でこんな接着スプレーを購入して貼り付けました。
『発泡スチロール、紙、布、フェルト、アルミ箔、ガラスマット、裏皮、ウレタンフォームの接着に』

2003年12月13日(土)
走行  212,206Km

2度目の貼り付けです。
まだ充分持ちそうですがヘタってます。
それと、前回(上の画像)裏表反対に貼ってしまったようです(笑)・・・でも充分機能は果たしてます。

8月初めに購入したんですが、大きい箱に入ってまして邪魔なのでそろそろ取り替えることにします。

今回の部品番号は
124 680 00 25
国内購入 \7,800-
古いインシュレーターを剥がすため、画像のようにゴミがエンジン周りに落ちないようにシーツを敷きます。
剥がしていきます。
何か茶色い物も一緒に剥がれました。
塗装も一緒に剥がれちゃいました。
塗装しておきます。
ちょっと風があるので、剥がした物を重し代わりに・・
ワイヤーブラシでこすってやります。

軽く・・・・です。

くっ付いていた、細かい繊維を剥がし終えました。
手が2本しかないので、番線を利用して仮止め。

左右対称になるように位置決めします。
今回は右の緑色、Z3を使用してみます。
まずは向かって右半分。

中心がずれないように、番線を追加しました。
インシュレーターをめくって、ボンネット、インシュレーター双方にスプレーします。
手の平で押さえつけていきます。

あっという間に、しっかりくっ付きました。
次に反対側を接着して終わりです。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー