確か18万キロすぎたころ


新品

確か60ドルくらい
18万キロ超のウォーターポンプ

綺麗に掃除しました。まだまだ使えそう
裏側
ここから霧のようにLLCが洩れてました。
ガスケット装着すればまだ使えそう。
水車のような羽になっています。
これでLLC(ラジエター液をくみ上げて循環させています。

ベルトテンショナーも同時に交換するので取り外しました。

訳あってラジエターも外しました
たわしでこすって設置面は細かい紙やすりで磨きました。
ウォータポンプを取り付けました。夜になっちゃいました。
2013年2月15日(金)
走行 358,830Km

2日前、車体の下にLLCがこぼれているのを発見

ホースを見ても漏れの場所がわかりません。

ファン、プーリーを外してやっと発見。

水抜き穴って呼ぶらしい・・・ここからポタポタこぼれてます。

すぐにポンプを注文

ベルトテンショナーを緩めベルトを外しパイプも外します。

ベルトテンショナーダンパーの下側のボルトも外します。
オルタネーターも外します
ボルトのサイズが複数ですので、外したボルトは
1号機に間違えないように刺しておきます。
左上、新車時に付いていた1号機

左下 今回外した2号機

右側 購入した3号機
GRAF社製 11,500+送料1,000=12,500-
2号機と3号機、とてもよく似ています。
2号機もGRAF社の製品かも?
今回少々お勉強しました。

前回ガスケット+液体パッキンを使用したんですが、ガスケットが用意されている場合、液体パッキンは使用してはいけない、です。

液体パッキンが水室内に入りメカニカルシール(ベアリングを保護する)に噛み込み水漏れが発生することがある。
ただ、この2号機、18万キロ近く使用してるので原因は別の所にあるかもしれません。
紙やすりで綺麗にします。

右上に見えるサーモスタットハウジングを外したところも磨きます。
3号機
ボルトが3本付属してましたので取り換えます。
手持ちのボルト2本あったので交換
今回は液体パッキン使いません。
ついでにマグネットクラッチも新品に交換。
左24年7月購入 IPS 送料込み 10,057円

右昔 1000円位で購入した中古

7月に壊れたので右側の物を装着してましたが形状・部品番号が違うので念のため新品を購入しておいたものです。

右側のものでも何ら何ら不都合もなく正常に動作してました。
ここは液体パッキンを使用しました。

室内側に入らないように。
完了
次は50万キロ位で交換・・・でしょうか。
2014年9月25日(木)
走行 385,000Km

オイル交換時、またまたウォーターポンプの水抜き穴からLLCがポタポタと大量に漏れていることを発見。

26,170Kmしか使用していないのに・・・・


今回は奮発してLASO社製を購入
 17,280+送料1,080=18,360-
ここからポタポタと・・・
4気筒車のウォータポンプ交換は非常に簡単
エンジンを20分ほどかけ、漏れがないことを確認して、ファンを取り付けて終了
外したものを分解してみようとしたら割れてしまいました。

文字広告配信       
無料HP100MBレンタル 
無料掲示板レンタル    
無料チャッ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー