2009年9月2日(水)
走行  308,527Km

以前よりブレーキをかけて止まる時、一瞬遅れてカクンッでショックが発生。
常にでなく、たまに。コンパニオンプレートの劣化の症状に似ていますが、ちょっと違うようです。

調べるとプロペラシャフトのセンタージョイントのスプラインのグリース切れが原因かも。
グリスアップついでに1度も交換したことの無いセンターベアリングも交換してもらいます。

車検時に頼むと安くやってもらえます。

4輪ウマに乗せるのは怖いし、我が家のガレージは排水のため傾斜になってるので、命が2つ3つ必要です。
センターマウント 2007.11購入
124 410 06 81 \6,452(税別)
SJより

これと
(反対から見た画像)
ベアリングセット 2007.11購入
124 410 00 10 \6,588(税別)
SJより


ベアリングと
ベアリングはココにハマリマス。

ショートパーツのセット


車屋さんへは
グリスは二酸化モリブブデングリスを買っていきました。
また、作業手順はヘインズに詳しく記載されているので拡大コピーして持って行きました。
釈迦に説法かもしれませんが、念には念を。
プロペラシャフトを外したついでにコンパニオンプレートとミッションマウントも交換してもらいました。
エンジンマウントはDIY出来ますが暑いのでついでに頼んじゃいました。

外したゴミの数々
ゴムがカチカチ

下に下がってるのが
画像でも分かるかと思います。
反対側からの画像
亀裂があります。
ベアリング

異音も引っかかりもありませんが、回転が重いです。

で結果、グリスアップとベアリングの交換のおかげで症状がなくなりました。
が、エンジンマウントが亀裂もあり大変劣化していましたので原因はエンジンマウントであった可能性が高そうでした。

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー