2005年4月2日(土)
走行 230,109Km

今まで1度も燃料フィルターを交換したことがありませんので交換してみます。

(燃料ポンプも未だ交換したことがありません。)

リアを持ち上げるのは苦手ですのでフロントを上げることにします。

ダンボールの敷いてあるあたりに潜ります・
4ヶ所、ネジを外して、カバーを取り除きます。

矢印の所のネジは、はめる時苦労します。
鏡と、懐中電灯が必要です。
この4ヶ所です。
今回交換する燃料フィルターは黄色の矢印の物です。

少しもれてる跡がありますね(紫の丸)

この作業をするにあたり、Mag氏のページを参考にさせていただきました。
万一、ショート等で火花がちってガソリンに引火しないようにバッテリーマイナス端子を外しておきます。
圧力がかからないよう、ガソリンキャップを外しておきます。
念のため・・・・
ホースを挟んで、ガソリンの流れを止めておきます。
3箇所のネジを緩め、金属バンドを緩めて、フィルターを後方にスライドして抜き取るんですが
裏側のナットを止めておかなければならないので、吊り下げているゴムハンガーを外す必要がありました。


おかげで手が真っ黒。
前方は17ミリと19ミリ

後方は17ミリ

前後外して取り出します。
ガソリンがほのかに黒い・・・・
上が外したBOSCH製
部品番号は001 477 87 01

下は今からつける新品
MEYLE Germanyって書いてあります。
部品番号は002 477 13 01
(002 477 44 01とも書いてあります)

ワッシャーも2種類、各2個付属していました。

2004年2月アメリカより購入
  28.60ドル

1年も前に買って、やっと交換する気になりました(笑)
後は、新品を取付けるだけです。

黄色の矢印は外したゴムハンガー

ガソリンキャップを閉めて、バッテリーを繋いで漏れのチェックをします。

3〜4回セルが空回りしてエンジン始動。
エンジンを掛けて確認・・・・前方からガソリンが少し漏れましたので、増し締め。

結構きつく締める必要があるようです。


カバーを取付けて完了です。
さて23万キロ超使用したフィルターの中はどうなってるんでしょう。

リア側、こじって開封してみます。

どす黒いガソリンが流れ出ました。
外した蓋?

つまりもなく綺麗です。
見た目は汚いけど・・・
よ〜〜く見てみると・・・・
裏側
紙のフィルターがどくろを巻いているようです。
紙自体はしっかりしていますね。
何ら不都合もなく調子が良かったので、中の紙が溶けちゃってるのかと思いましたが(*^_^*)
よ〜く見てみましょう。
引っ張り出しちゃえ。



おわり

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー