ある日500Eを駆る友人が、ショップでS600グリルに変えてもらった、とさっそうと登場しました。
W124のグリルをS600用に変える事ができるのは知ってましたが・・・
さて、どうなってるんだろうと見ると、とっても簡単、左右を切り取ってあるだけ。

それも大変雑な方法でした。もう少し丁寧にやって欲しい所です。
ショップと言う言葉で最高の仕上げと、錯覚してしまうんでしょうか?

2000年7月23日

で、さっそく\10,000-にて中古購入。

届いたばかりで袋から出して記念撮影。

車についているグリルはつや消しブラックの塗装がしてあります。精悍でしょう??

S600のグリルをW124に取り付けると1番上の枠が露出します。

そこは凹や凸があります。
凹はバンパー用パテでうめます。
凸は削り取ります。

仕上げにペーパーがけ。

下塗りをした後、つや消しブラック塗装


どうです?凹凸がなくなりました。


S600グリルは左右をW124のグリル枠に合わせて、のこぎりで切断します。

クロームメッキの横バーはスライドさせれば抜き取れます。

横バーはS600の物
真ん中の縦バーはS600の物は長さが短いのでW124の物を再利用します。
後先、順不同になってしまいましたが、S600グリルを上から見た画像です。
W124のグリル枠に取り付ける部品がありません。
ちょうどステンの板があったので、切って、折り曲げて穴を開け作成。
グリル裏側からの画像です。
クロムメッキの横棒が枠と同じ位前面に
出るよう画像赤丸印のところを斜めに削ります。
こんな感じになりました。
2004年2月27日(金)
走行215,263Km

久々にオークションサイトでグリルを見たら、最近では良い物が販売されているんですね。
S600改造グリルには側面がありませんので、ライトレンズが見えてしまいますし、
上1段目の部分が露出してしまいます。
今回購入した物。\12,800-(ブラックに塗装済み)

無塗装のグレーですと\9000円前半で,購入可能だったのですが、ブラックに塗装したい私としては、缶スプレー代を考えると、多少高くてもこちらをチョイス。

上の取付け部分もあるし。側面もあります。
グリル枠に掛かる部分も初めから、へこませてあります。
しかし、驚きですね。生産終了して10年近くも経つW124のドレスアップパーツがこうやって商品化されるんですから。


メッキ部分はメッキ塗装してあるだけです。(ステンレスではありません&取り外すこともできません)
さっそく取り替えます。
8mm4本外します。
同じく8mm左右外します。
取り外せました。

ついでにお掃除しておきましょう。
上が今回購入した物。

下がS600純正品の改造品
S600の左右を切り落とした物です。

上のものは『いつかはクラウン』
じゃ、なくって、『いつかはW140 S320』用に入手した物です・・・が、やはりW140は大きすぎますね。
S600グリルのモールは2種類あります。
こちらはモールがステンレスの無垢

1つ前の画像のS600グリルはW124と同じくステンレスのカバーです。
さっそく取付け作業にかかります。
はい、出来上がり。

今回10万キロバッチは付けません。

文字広告配信       
無料HP100MBレンタ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー