2000年の年末、運転席座ると助手席グローブボックス裏あたりから、心臓の鼓動というか、脈を打つような音が聞こえます。
ドクン、ドクン、ドクン・・・と。
ボンネットを開けてみると、バッテリー近くの卵を2つ並べたような銀色の部品が脈の発生源。
ヒーターバルブという部品です。
ここの不良で、送風口から熱風がでる症状が発生するらしいです。
そう言えば、私の車もここ2〜3年、年に2〜3度熱風が出たことがありました。
(画像は取替え後のもの)

これは分解してみましたが、途中までしか分解不可能でした。
取替えは両脇についてるパイプを外すだけの簡単な作業。ラジエター液が牛乳瓶1本くらい流出するだけ。
作業後LLCを補充して、エアー抜き。
(ヒーターを強にして、10〜15分くらいアイドリングして、LLCの水位の下がった分だけ補充)

WATER VALVE
000 830 65 84   172ドル
2001・1  アメリカ
このモーターも変な動きをしていたのでついでに交換。これもパイプを外すだけ。
AUX WATER PUMP
001 835 13 64   126.80ドル
2001.1   アメリカ


作業日
2001年1月30日  171,430Km
2010年5月22日(土)
走行 318,634Km 


5月19日(水)
久しぶりにボンネットを開けるとラジエター液が少々減少していました。

画像のサブタンク上と、ホース下側にラジエター液が乾燥した白い粉が付着していました。

どこから漏れているのでしょう?
 
5月20日(木) 
ヒーターを入れると(室内温度設定を上げると)
ココから霧状にラジエター液が噴射することを発見
 
 こんな感じ

現在S124を1台解体中のトニー師匠にこのモーターがないか問い合わせ。
 
すぐに送ってもらい到着 

電源コネクターを外してパイプを2本外して、取り替えるだけです。
 
トニー師匠から頂いたモーター   
部品番号は001 835 10 64
 
 
001 835 13 64とは電源配線の装着位置が違うだけのようです。

右側が今まで装着していた物 
 
 装着後水温が上がるまで走り回り、ヒーターを入れて確認。
正常動作&漏れのないことを確認して終了。
 
さて、漏れのあるモーター


直せるものなのか??? 
 
ココのパッキンは元気でした。   
こちら2ヶ所ネジを外しましたがこれ以上分離できません。


ということで断念。 
 
お掃除して ・・・  
元に戻しました。   
この部品ドライバーでつついてみるとゴムのパッキンみたいです。

分解できない事には構造が??です。 
 

文字広告配信       
無料HP100MBレンタル 
無料掲示板レンタル    
無料チャットレンタル    
無料ショッ
広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー